CSR

CSR方針と取り組み


 

■CSR方針

2019年4月、企業をとりまく環境への変化やCSRへの関心の高まりなどを踏まえ、
企業理念並びに、わが社の業界での役割を基に 「 輝く美の創造を通して、
加飾の付加価値で人々のこころを豊かにする 」 をスローガンとして掲げます。

法令並びにそれらの精神を遵守し、すべての利害関係者を重視した人権、労働、環境に
配慮した公正な経営を行い、持続可能な社会へ貢献することを目的とした経営品質に取り組みます。

 

2019年4月
カタニ産業株式会社
代表取締役 蚊谷 要平

 

 

■経営品質への取り組み

◎輝く美の創造を通して、加飾の付加価値で人々のこころを豊かにする

 

1. 顧客・従業員満足度の向上

 

2. グローバルなサポート体制の構築

 

3. 信頼される財務体質

 

4. 環境への取り組み
環境負荷低減に配慮した省力化「安全・経済的・環境にやさしい」加飾工法の推進

 

5. 改善への取り組み
品質マネジメント(ISO9001)を中心とした改善の推進

 

 

■CSR 倫理的行動規範

基本精神
☑.尊敬される社員 ☑.信頼される商品 ☑.期待される会社

 

1. 行動指針
従業員、取引先、地域社会に公平と誠実さをもって行動することに努めます

 

2. 法令の遵守
企業として法令遵守並びに、従業員一同高い倫理観をもってふるまいます

 

3. 差別およびハラスメントをしない
人間尊重を基本にし、差別や人権侵害を行いません

 

4. 公正・公平な競争
下請法の遵守など公平・誠実さをもって取り組みます

 

5. 情報・資産の保護
会社と顧客の情報資源・資産等は最大の注意を払い、使用・保全に努めます

 

6. 環境の配慮・安全衛生
安心・安全な職場環境を心がけ、地球環境に配慮し、地域社会との調和に努めます

 

7. 反社会的活動の根絶
反社会的な行い、活動に関しては毅然とした態度を貫きます

 

 

■CSR活動記録

「色素増感太陽電池および色素増大感太陽電池の製造方法」についての特許を取得しました

 

 

2021年8月20日

特許第6932319号
金箔の機能的加工方法として、「色素増感太陽電池および色素増大感太陽電池の製造方法」の特許を取得しました。
これは金箔に意匠性だけではなく、発電という機能性を持たせる技術で、石川県工業試験場と共同で開発しました。

 

 

「はばたく中小企業・小規模事業者300社」に選定されました

 

2017年3月23日

革新的な製品開発やサービス創造、地域貢献・地域経済の活性化、
海外での積極的な販路展開等による国際競争力強化、など様々な分野での活躍、
地域の特性・ニーズを把握し創意工夫を凝らした取組により
「はばたく中小企業・小規模事業者300社」に選定されました。

 

名古屋支店・大阪支店でISO9001取得

2017年 名古屋支店

2019年 大阪支店

品質管理に対する信頼とご満足をお客様に提供することを目的として、
品質マネジメントシステム「ISO9001」の認証を取得しました。
これからも徹底した品質管理の継続と更なる改善に尽力し、
より一層ご満足していただける製品・サービスの提供に努めてまいります

 

かなざわカタニで体験学習開始


2017年4月1日

カタニは創業100年を越える金沢の老舗金箔メーカーとしてやってきました。
ここまで長く続けられたのはお客様のご支援の賜物であると感謝し、今後は社会に貢献していくことも企業の役割だと考えました。
では、金沢の老舗金箔メーカーにしかできない社会貢献とは何だろう?と考えた時、日本の伝統工芸である金箔を通じて文化的意義のある活動を行うのがふさわしいのではないかという結論に達し、
未来ある世代に金箔に関する学習内容を提供する「体験学習」を始めることに致しました。金箔を歴史/化学/科学など学習面から捉え、ムービー、実体験、質疑応答を交えた楽しい内容となっています。
対象を小中高の学生とし、クラス単位・授業形式・約一時間で行う課外授業としてご利用いただけます。

 

ドイツ人留学生に向けオンライン金箔貼り体験学習

2021年

カタニ産業ではコロナ禍でも金箔の魅力をお伝えする活動を行なっております。

国内外問わず日本が世界に誇る伝統工芸「金箔」を知ってもらうために、ドイツ学術交流会(DAAD)のドイツ人留学生に向けて、オンライン金箔貼り体験学習を行いました。
金箔、金銀糸の歴史に始まり質疑応答を含めた学習内容に加え、実際に金箔貼り体験を行うことでより金箔を深く知ってもらえるような内容となっております。
今後も多くの人に実際に金箔に触れてもらい魅力に気付いてもらえるよう国内外問わず活動を行なってまいります。

top